TOP技術情報Q & A > Q9

ポリマー改質アスファルト試験動画集

ポリマー改質アスファルト試験動画集を収めたDVDを1枚500円にて販売中!
注文はお問い合わせよりお申し込みください。

アンケートにご協力ください

Q & A

前へ 次へ

Q9:

「高機能舗装」とか「あわおこし舗装」という言葉を聞きましたが、それは何ですか?

「高機能舗装」とは各高速道路会社において呼ばれている舗装の一つです。一般的に「排水性舗装」、「低騒音舗装」や「ポーラスアスファルト舗装」などとと呼ばれています。また「あわおこし舗装」という呼び方は「排水性舗装」の俗称と思われます。

では具体的に「高機能舗装」とは何かについてご説明します。
この高機能舗装は通常のアスファルト舗装に比べて、作られた舗装体中の間隙率(空隙率)が多いことを特徴にしています。通常の舗装の空隙率は5%程度ですが高機能舗装は15~25%持っています。そのため雨水は道路表面に留まることがないことから、排水機能が優れています。これにより、高速道路でスリップ事故などの交通事故が80%も低減しました。更に付加されたことは騒音低減機能です。これまでの舗装ではタイヤの溝と舗装表面の間に挟まれた空気の逃げ道が無く、これが走行騒音となっていました。しかし、高機能舗装では舗装表面に間隙があるため空気が逃げやすく、この騒音は低くなり3デシベルほど低減できました。3デシベルとは、同じ音を二倍離れた所で聞くほどであります。

戻る