TOP技術情報Q & A > Q11

ポリマー改質アスファルト試験動画集

ポリマー改質アスファルト試験動画集を収めたDVDを1枚500円にて販売中!
注文はお問い合わせよりお申し込みください。

アンケートにご協力ください

Q & A

前へ 次へ

Q11:

ポリマー改質アスファルトを貯蔵する場合、どのようなことに注意すればよろしいでしょうか。

当協会が発行しておりますポリマー改質アスファルトポケットガイドには、ポリマー改質アスファルト(以下、PMA)の受け入れと貯蔵に関して表-1の記述があります1)。これを参考にし、取扱いに際しては十分な注意をお願いします。

表-1 ポリマー改質アスファルトおよび改質材の受入れ、貯蔵の際の留意点1)

項目 プレミックスタイプ プラントミックスタイプ
受入れ
  • 受入れタンクまたは専用ケットルを原則とする。
  • 受入れタンクまたはケットルにそれまで使用していた異種材料が残存しないように抜き出しておく。
  • タンクローリー直結方法の場合は、事前にメーカーと十分協議する。
 
  • 受入れは、通常コンテナまたはドラム缶で行う(必要によりタンクを準備してローリー納入も可能)
  • コンテナやドラム缶置き場を確保する。
 
貯蔵
  • 長時間の高温貯蔵は熱劣化が生じることがあるので、メーカーの指示する貯蔵条件に従う。タンクの構造や貯蔵数量によって異なるが、一般的には180℃以下で1週間程度を目安とする。
 
  • 直射日光に当てないように、また、厳冬期には凍結させないように室内保管またはシートでおおうなど配慮する。
  • 使用を中断するときには、密封・密栓を行う。
 

以下では、プラント(アスファルト混合所)のストックタンク貯蔵におけるプレミックスタイプPMAの性状変化とその原因について解説します。

PMAは、貯蔵温度が高いほど、また貯蔵時間が長いほど熱による性状変化が激しくなります。図-1は、実際のタンク貯蔵(180℃)におけるPMAの粘度変化を測定した結果です2)。貯蔵初期は粘度が僅かに下がり、約10日間貯蔵したあたりから、粘度が急激に上昇に転じる傾向にあります。また同様に、軟化点も貯蔵初期の段階では僅かに下がり、ある程度軟化点が下降した後は上昇に転じることが知られています。粘度や軟化点が上昇しすぎますと、プラントでのPMAの計量に支障をきたしたり、混合物の作業性や性状が阻害されたりします。

これらのことから、180℃以下で1週間以内程度が、当協会が推奨するPMAの貯蔵条件となっています。

図-1 実タンクにおける貯蔵試験2)

なお、貯蔵時の熱によるPMAの性状変化は、PMAに使用されている原材料であるストレートアスファルトとSBS(スチレン・ブタジエン共重合体) との熱劣化のバランスに主に依存しています。このバランスは、貯蔵温度条件により異なりますが、特に問題となる高温・長期貯蔵による粘度や軟化点の急激な上昇は、熱によるSBSの架橋反応(鎖状の分子間に橋掛けが生じ、網目構造のゲル状物質を生ずる反応) によるものと考えられています。

〈参考文献〉

1) 日本改質アスファルト協会:改質アスファルトポケットガイド、p.28、2007.1
2) 日本改質アスファルト協会:改質アスファルト第27号、2006.8.

戻る