TOP技術情報Q & A > Q18

ポリマー改質アスファルト試験動画集

ポリマー改質アスファルト試験動画集を収めたDVDを1枚500円にて販売中!
注文はお問い合わせよりお申し込みください。

アンケートにご協力ください

Q & A

前へ

Q18:

ポリマー改質アスファルトH型-Fの品質規格にだけ、“曲げ仕事量(-20℃)400kPa以上”と“曲げスティフネス(-20℃)100MPa以下”が規定されていますが、これはどのような試験でしょうか?

ポリマー改質アスファルトの直方体(長さ120㎜×幅20㎜×厚さ20㎜)の供試体を所定の方法で作製・養生し、支点間長80㎜の載荷試験機でその中央に100㎜/minの速度で載荷して荷重と変位量を測定・記録します。

この時、1供試体のセットから試験終了までの工程は、供試体温度の変化に配慮して20秒以内に実施します。一つの試験条件で少なくとも3個以上の供試体を必要とします。

記録された変位-荷重曲線より、最大荷重およびその時の変位量を求め、計算式によって最大曲げ応力と最大曲げひずみを算出し、曲げ仕事量と曲げスティフネスを算出します。

曲げ仕事量と曲げスティフネスの変動係数が、前者で30%、後者で20%を超えた場合には再試験が必要になります。

これらは、舗装調査・試験法便覧A063T「ポリマー改質アスファルトの曲げ試験方法」に準拠した方法です。この項目については、当協会発行のポリマー改質アスファルトポケットガイド(平成22.8)にも詳しく掲載していますのでご参照ください。

戻る